本日のアミークス 2018 / 11 / 02

【幼稚園】年長さんのJICA訪問

今日は年長さんのお友達が揃ってどこかへ行くようです。そんな年長さん達の一日をピックアップしてみました。

 

下のバス停まで向かいます。「トン、トン、止まれっ!!!」きちんと交通安全ルールが守れていました。

 

 

着いたところはJICA沖縄。早速玄関口の絵に感動していました。

 

「あの絵、すごい。綺麗っ!!!」

 

 

ここからは二手に分かれ、交代でアクティビティーを行いました。

 

こちらのグループは世界の国々から集められた衣装について学びました。

 

「世界の服や衣装の歴史は一枚の布から始まりました。みんなどのように使ってたと思う?」

 

「顔を隠した!!!」

「体に巻いた!!!」

身にまとうという概念は理解しています。

 

「そうだね。暑さや砂ぼこりから身を守るために服を着ないといけなかった。あとはこうして下に敷いて赤ちゃんを寝かせたり、抱っこ紐にして使ったり使っていました。」

 

自分には無かった発想に、子ども達は興味津々。

 

 

もう一つ大事なこと。それは、この衣装が各国から送られてきた、それぞれの国の大事な宝物だということ。

 

「その服、変っ!!!」

 

「何これ、ダサい!!」

 

・・・それぞれの国で大事な宝物として扱われているものを、決してバカにしたり笑わないこと。そして、粗末に扱わないこと。

異文化交流を行う上で最も基本的な、そして大事なことを学びました。

みんなで世界の衣装を着た後は、きちんと綺麗にたたみました。

 

 

こちらは絵本の読み聞かせ。

タイのお話「じいちゃんのながいひげ」を読んでいただきました。

長く伸びたひげをどうするかというおじいさんの発想がユニークで面白いお話です。

 

ちなみに、タイ語の方も見せてもらいました。

普段目にすることのないタイの文字に驚き!

「えっ、なんて読むの?」

 

一緒に食事をした後は、JICA研修員の方々がどこの国から来たのかを当てるゲームをしました。

 

 “Where are you from?”

“I’m from Papua New Guinea.”

 

カンボジア、インド、ネパール、モロッコ、パプアニューギニア・・・世界地図で国旗を見たり名前は知っていても、どこにあるかは中々分かりませんでした。でも、お互い先ずは知るところから始まります。

 

 

忙しい中時間を作って頂いた研修員の方々に歌をプレゼント。曲は”We Are Unity”。

 

「私達は一つ。私達は違う。でも世界中で同じ太陽、海を分かち合い、星空の元で夢を分かち合う。」

 

深い歌詞に、研修員の方々の目にうっすらと涙が。

 

 

集合写真のあとは握手でお別れ。一人一人、しっかり握りました。

今日は貴重な経験をありがとうございました!!!

次は私達がみなさんの国に行く番ですね!!!

 

各種お問い合わせ

電話番号

098-979-4711

(平日のみ 8:15~17:00)

お問い合わせ

学校見学